桜坂
君よ ずっと幸せに 空にそっと歌うよ
愛は今も 愛のままで

揺れる木漏れ日 薫る桜坂 悲しみに似た 薄紅色
君がいた 恋をしていた 君じゃなきゃダメなのに ひとつになれず

愛と知っていたのに 春はやってくるのに
夢は今も 夢のままで



「桜坂」が流行ったとき、どこへ行ってもこの歌が流れていて、何度も何度も聞いたはずなのに、歌詞の意味はあんまりピンと来なかった。それが今日久しぶりに聞いたら、こんな切ない歌だったのかとびっくりした。今頃わかるなんて、あたしはまだまだ経験不足だなと思うと同時に、こういう気持ちを味わっているのはあたしだけじゃないんだなと少し強くなれた気がした。

実は今日彼から電話があって、あたしはあまりに切なくて苦しくて泣き崩れてしまった。あたしが今まで夢に見ていたものを、人に横取りされた気分だった。あたしの夢は叶わずあきらめなきゃいけないのに、夢を失うと自分がここにいる意味がなくなる気がして、どうしようもなくて。別れても彼との関係がうまくいくといいなと思うけど、今は彼のやさしい言葉がちょっぴり苦しい。これからもお互いがお互いにとって大事な人でありたいとは心からそう思うけど。

「姫ならすぐ彼氏できるから。がんばれよ。」
「仕事まだ始まってないし不安なんでしょ?大丈夫だよ。なんかあったら電話かけておいで。いつでもちゃんと出てあげるから。」



そんなあたしは31日、25歳になりました。大人になんてなりたくないけど、年ばかりとっていく。こればっかりはどれだけお金を払ってもどうしようもない。
だからこそ余計に切ない。
八ッピーバースデー、あたし(*^ー^*)
[PR]
# by camxhime | 2006-03-31 00:24 | 携帯更新っ! |▲上
東京
あたし、何のために




東京に 来たんだろう




結局、東京に来ても




待っていたのは同じ結果。



むしろ、それより残酷かもしれない。




もう嫌だ
[PR]
# by camxhime | 2006-03-30 18:40 | 携帯更新っ! |▲上
新生活
東京に来て四日が経ちました。まだバタバタしてますが、やっと生活できるようになってきたかなって感じです。明日になったらベッドと机が届くので、そしたらもうちょっと部屋も落ち着くかなぁと思います。家の周りも、どこにどんな店があるのかわからないので、交番やら犬の散歩してるおばちゃんやらに聞きまくってます(笑)だって恥ずかしいなんて言ってられない!(*^ー^*)

まだほんのちょこっとしか見てないけど、東京という街は独特の雰囲気があるなと思いました。関西のどの街とも違う、去年何度も行った福岡の街とも違う。あたしが生きてきた24年間。そのうち長く過ごしたのは、東大阪で約8年と、実家のある奈良でさえ同じく約8年。ここ東京では何年過ごすことになるんだろう?学生時代や中国にいたときは時間に区切りがあって、その区切りの終わるのをとりあえず目標にしていればよかったけれど、これからは、それこそ自分の力で切り開いていかないといけないんだなぁと思いました。
一人で生活するのはその第一歩なのかなと思いながら、想像どおりの寂しさにテレビをつけっぱなしにしてしまっています。実家で家族と住んでいるときから寂しさはあったので、原因は一人暮らしじゃないのかもしれないけど。環境が変わったからか、奈良を離れる前に彼と話してあたしも変わりたいと思ったからか、最近彼のことを思う時間が少なくなりました。それでも、スーパーやマンションの廊下ですれ違うカップルに、本当だったらそこにいるはずだった彼とあたしの姿を映して、一人しんみりしてみたり。バイクに二人乗りするカップルを羨ましいと思ったり。こんな日々を繰り返しながら、どんどん彼のことを考える時間が短くなっていくんだろうなぁ。それもなんだか寂しい気がします。でもしょうがないことなんだろうな。

早く次の恋を見つけたい。彼の代わりを探してるみたいで嫌になってくるけど。
[PR]
# by camxhime | 2006-03-29 23:30 | 携帯更新っ! |▲上
お引越し
これから少しだけ仮眠をとって、いよいよお引越しです。
大阪で生まれ、奈良で育ち、大学時代を広島で過ごし、卒業後は京都で研修し、
そして中国で就職したというあたしでさえ、東京はまだ未知の世界です。
よくテレビで聞く地名だって今はどこにあるのかさっぱりわかりませんが、
何ヶ月かするとわかるようになるんでしょう。

春は出会いと別れの季節とよく言いますが、本当にその通りで、
このブログを読んでくださってる方ならわかると思いますが、本当にいろんなことがありました。
今まで別れが多かった分、東京に行ったらたくさんの出会いがあるものと信じて
東京での1人暮らしを頑張りたいと思います。


それに伴って、「姫のひとりごと。」はPCでの更新ができなくなると思われます。
ネットをつなぎ次第戻ってこようとは思いますが、いつになるやらわかりません。
というわけで、携帯で更新していこうと思います。
ただ、更新はできても、コメントを読んだり書いたり、TBしたりということができません。
コメントのお返事はすぐにはできませんが、よかったら足跡を残していっていただけると嬉しいです。

これで「姫のひとりごと。」が閉鎖というわけではありません。
ずっと前から来ていただいてる方、最近来ていただいた方、
コメントを残してくださった方、コメントは残してなくても温かく見守ってくださった方、
みなさんに感謝をこめて。
これからもどうぞよろしくお願いします。

                                               姫(*´ー`*)


追伸:
ここのところ落ち込んでいたわたしに温かいコメントをいただき、どうもありがとうございました。
みなさんの言葉を励みに、新しい恋を探しに行きます♪行ってきます☆
[PR]
# by camxhime | 2006-03-25 19:56 | アタシノコト。 |▲上
指輪
いよいよ引越しの日が近付いているので、今日は転出届を出しに行ってきました。
書類を書いていたあたしはあることに気が付きました。



・・・指輪がない!!!


右手を見ても、左手を見ても、指輪がありません。
思い出すんだ、姫。最近指輪を見たのはいつ??
昨日の夜、お風呂上りにクリームを塗ったとき、あの時はまだ指輪をしてた。
じゃあ、いつから指輪してないの??
思い出せ、思い出せ。朝起きたときはしてたのか??

指輪が見つからなかったらどうしよう?早く探さなきゃ!
焦る気持ちと裏腹に、
「これで指輪をなくしたら、きっとあたしたちは縁がなかったんだな」と
冷静に考える自分がいました。

どこにあるんだろう?と考えながら家に帰り、すぐに部屋を捜索したところ・・・

出てきました、指輪。

ベッドのふとんの中から。

なんでだろう?昨日の夜はずした覚えはありません。おかしい。
でも、お布団の中で彼のことを考えていたことは間違いありません。
夢の中ではずしたのかな。それとも、寝ぼけてて覚えてないだけなのかな。
どちらにしても、あってよかった。
[PR]
# by camxhime | 2006-03-24 18:23 | 気持チ。 |▲上