カテゴリ:アタシノコト。( 14 )
|▲上
お引越し
これから少しだけ仮眠をとって、いよいよお引越しです。
大阪で生まれ、奈良で育ち、大学時代を広島で過ごし、卒業後は京都で研修し、
そして中国で就職したというあたしでさえ、東京はまだ未知の世界です。
よくテレビで聞く地名だって今はどこにあるのかさっぱりわかりませんが、
何ヶ月かするとわかるようになるんでしょう。

春は出会いと別れの季節とよく言いますが、本当にその通りで、
このブログを読んでくださってる方ならわかると思いますが、本当にいろんなことがありました。
今まで別れが多かった分、東京に行ったらたくさんの出会いがあるものと信じて
東京での1人暮らしを頑張りたいと思います。


それに伴って、「姫のひとりごと。」はPCでの更新ができなくなると思われます。
ネットをつなぎ次第戻ってこようとは思いますが、いつになるやらわかりません。
というわけで、携帯で更新していこうと思います。
ただ、更新はできても、コメントを読んだり書いたり、TBしたりということができません。
コメントのお返事はすぐにはできませんが、よかったら足跡を残していっていただけると嬉しいです。

これで「姫のひとりごと。」が閉鎖というわけではありません。
ずっと前から来ていただいてる方、最近来ていただいた方、
コメントを残してくださった方、コメントは残してなくても温かく見守ってくださった方、
みなさんに感謝をこめて。
これからもどうぞよろしくお願いします。

                                               姫(*´ー`*)


追伸:
ここのところ落ち込んでいたわたしに温かいコメントをいただき、どうもありがとうございました。
みなさんの言葉を励みに、新しい恋を探しに行きます♪行ってきます☆
[PR]
by camxhime | 2006-03-25 19:56 | アタシノコト。 |▲上
社会人デビュー
緊急報告です。


就職決まりました!!!

実はこの10日間、奈良を離れて神奈川にいる妹のところに居候してました。
それは・・・就職活動のため!!!

2月いっぱいで前の仕事をやめて、本格的に就職活動開始。
2月中にも学校の説明会で東京に行ったりもしてて、その学校に内定いただきました。
ひよっこのあたしを専任で雇ってくれるというので、
それに何より学校の対応がとてもよかったので、即「おねがいします」と返事しました。

そんなわけで、姫は4月から東京人になります。
安月給ながら、都心と言われるところに住むことになりました。
(いや、ほんっと半端なく安月給なの。ボーナスもないし( p_q) )
そんなこんなで生活は厳しく苦しいものになると思うけど、
その分自分のやりたいことができるので、目を瞑ってがんばります。
やりたいことやって高いお給料もらえたらどんなにいいことか、と思いますが。
哀れに思われる方は、ぜひ姫を遊びに連れってやってください。
もちろんすべておごりで(笑)・・・ウソです。いや、でも半分本気で(笑)

3月中に引っ越して、新しいお部屋に住むことになります。
でもね、でもね、バイクのローンもあるし、家賃も払わないといけないので、
っていうか生活していかないといけないので、
とりあえず余裕ができるまではネットはつなげないと思います。
だから必然的に、このブログも更新が止まってしまいます。
もしかしたら何とかできるかもしれないけど、まったく予測不可能です。
いつになるかわからないけど、
きっとこのブログはまた思い出したように更新すると思うので、
(今までだってそうだったじゃん!!なんて厳しいツッコミはなしね♪)
とりあえずはこのまま放置していくつもりです。

引っ越すまではがんばって更新することにするので、
これからもどうぞよろしくお願いします。d(ゝc_,・。) ネッ
[PR]
by camxhime | 2006-03-16 02:08 | アタシノコト。 |▲上
中国語検定
中国語検定を受けた、という記事を先日UPしたのだけど、記事を消しちゃったので( p_q) 、
もう一度書こうと思います。(受験までの道のりは面倒くさくなったのでやめ!笑)

ええー、実は、
中国語検定の結果がもう届きましてー。

先日UPした記事の中では、2級と3級のダブル受験をしたのだけど、
3級はたぶん大丈夫、でも2級はダメだろう、と。そう言ってました。


まぁ、予想通り、結果もそのとおりで。3級は合格、2級は不合格でした。


言い訳をすると、今回は初めての受験ということで、自分の力だめしをしようと思ったわけです。
おそらく2級は無理だろうけど、一応受けてみようじゃないか(受かったらラッキー♪)。
ということで、まずは3級の本を買って、基礎をしっかり勉強することにしました。
3級の本が終わったら、2級の本を買えばいいじゃないか、と。
とりあえずは3級から責めることにしたのはいいけれど、
結局受験の日まで2級の本を買うことはなかったわ・・・(;´▽`)


そう。2級はまったく勉強してなかった・・・。そりゃ落ちるわ(笑)


ちなみに試験は筆記・ヒアリングともに100点満点中65点で合格。
どちらも65点以上とらないと、合格にはなりません。
あたしの成績はというと、
  ■3級 筆記84点 ヒアリング95点 (合格)
  ■2級 筆記59点 ヒアリング40点 (不合格)       でした。

2級は学習方法を見直すようにとコメントがついてました。
(実際は見直すもなにも、勉強しなかったんだけど・・・という屁理屈は置いといて)

本腰入れて勉強しないと2級合格は難しそうです。
2級の本も買ったし(笑)、次3月、またがんばりまーす☆(*´∀`*)
[PR]
by camxhime | 2005-12-21 01:10 | アタシノコト。 |▲上
「後悔しそうで怖い。」
久しぶりにやってみます。今週のTBテーマ!!  心に残る名言、座右の銘は?


あたしは今でこそ日本語教師という仕事をやりたいと思ってやってるけど、
やりたいと本気で思ったのなんて、大学4年生の秋ごろで。
それまでは自分が何をしたいのかってよくわからなかった。

ちっちゃい頃は果物屋さんになりたい!とか言ってたらしいけど、
なんで果物屋さんがよかったのかよくわからないし。
中学校の頃は、将来どんな仕事したくなってもいいようにって
とりあえず勉強がんばってれば何でもできるだろうって勉強だけはして、
高校に入ったら弓道に夢中になって勉強お構いなしに部活して。

でもね、高校1年の冬だったか、1つ目の分かれ道で選択しないといけなくなったの。
高校2年から文系と理系とに分かれるから、どっちか選べ、と。

文系理系以前に、あたしはこれから何がしたいの?

何に興味があるの、あたし??

部活ばっかりやって何も考えてなかったあたしは、
理系だろうがなんだろうがまかせとけ!って言えるほど頭はよろしくなかったし、
特にその中でも数学はあんまり得意じゃなくて、迷った。
そのときあたしの中にあったのは、母親と同じ職業「看護師・助産師」か
教えるのが好きだから「教師(でも理系はパス)」か、なんてそのぐらいの考えだった。
その頃日本語教師の存在を知って、人とちょっと違ったことがしたかったあたしは
日本語教師っていう職業にちょっと惹かれはじめてた。

で、文系と理系どうするの?
もし理系に進んで数学つまづいて日本語教師になりたくなったら?
もし文系に進んで看護師になりたいと思ったら?
いろんなことを考えた。なかなか結論を出せずにいた。
どっちにしたら後悔せずに済むんだろう??
そんなとき、担任の先生に相談しに行った。そのとき言われた言葉これだった。

「後悔するのが怖いって言ってたら何も決められない。

 やってから後悔すればいいんだ。

 どっちを選んだって後悔するよ、絶対。」


そっか。後悔しないようになんて考えなくていいんだ。
そのときのあたしにとっては、目からウロコの考え方でした。

そしてあたしは文系に進んだのでした。
偉人の名言でもことわざでもないけど、あたしにとって心に残る名言だったので。
[PR]
by camxhime | 2005-10-13 00:18 | アタシノコト。 |▲上
教科:日本語って何?
大学時代も、地元から離れたところで一人暮らしをしてたせいで、
高校や中学の友達に偶然ばったり会うことがすごく少なかった。
今なんて国を出ちゃってるから、もっと会わなくなっちゃった。
だから、卒業以来会ってなかったり、成人式で会っただけだったり。
そんな人はいっぱいいる。

地元で高校や中学の友達に久しぶりに会うと、必ず「今何してんの?」っていう話になる。
あたしはいっつも何から話そうか迷う。
相手はあたしが奈良の田舎町で暮らしてると思ってるから。

<パターンその1> あたし「今、実は中国におんねん」 から始めた場合

友達  「えっ?!中国地方??チャイナ??」
あたし 「チャイナ(笑)」
友達  「へぇ~!留学?」
あたし 「ううん、仕事(苦笑)」
友達  「へぇ~!!どんな仕事してんの?」
あたし 「日本語教えてんねん」
友達  「ん?日本語って国語?日本人学校かなんか?」
あたし 「ううん、中国人に日本語教えてんねん」
友達  「へぇ~!!!」

<パターンその2> あたし「先生やってんねん」 から始めた場合

友達  「へぇ~!何の先生?」
あたし 「日本語(笑)」
友達  「国語?」
あたし 「ううん、国語じゃなくて」
友達  「え?」
あたし 「外国人に日本語教えてんねん」
友達  「へぇ~!!そうなんや」
あたし 「うん、だから今中国におる」
友達  「え?!中国ってチャイナ?」
あたし 「うん」
友達  「へぇ~!!!」


何から話し始めても、聞かれるところはほとんど同じで。
最初から「中国で中国人に日本語を教えてる」って全部言っちゃったら、
同じ質問が全部いっぺんに返ってくるだけの話で。
これってまだ「日本語教育」とか「日本語教師」ってものが知られてないってことだと
つくづく思う。そういうあたしも、「日本語を教える」ってことの目新しさに惹かれて
この世界に足を踏み入れたわけなんだけど。

「流行の服は着ない!あたしは人と違うものがいい!」
そんなことを言ってる人がいちばん「流行のもの」を着てたりして。
あたしもその類。人とちょっと違うことがしたかった。
でも、違うと思ってたのはあたしだけだった。
(いや、だからってこの仕事が嫌いになったわけじゃなくてね 笑)

当然だけど、日本人のほとんどは日本語を学校で勉強したことがないから、
生活の中で自然と学んだから、当然のようにそこにあったから、
「日本語を教える」ってことがどんなことだか知らない。
日本語能力試験ってものがあることも知らないし、
助詞の「は」と「が」がどう違うかだって知らない。
当然だからわからない。当然すぎてわからない。

なんか話がだんだんそれてしまった(笑)
今ふと思った。当然すぎてわからないこと、いっぱいあるよね。
[PR]
by camxhime | 2005-01-06 21:51 | アタシノコト。 |▲上
あたしの2004年。その1
あなたの流行語、今年の十大ニュースは?
今週のテーマにTBです。

あたしの2004年はどんな年だったのだろう?
今1年を振り返ってみて、思いついた順番に大きなニュースなんだろうなぁ。
というわけで、思いついた順番に10個あげてみる。

1.彼と出会う
イチバン最初は言うまでもなく、今の彼との出会い。そして恋をしたこと♡
これは「1年の」というより、今までの人生の中でも大きなニュースかも。
ただ、ネットでの出会いという、ちょっと変わった出会い方をしたので、
出会ったときのことはまったく覚えてないのだ・・・(;´▽`) アセアセ
彼のほうは覚えてるみたいなんだけど。ごめんちょ♪

2.チャット部屋を開く
彼との出会いとなった場所。友達と2人で作った部屋。これがなければ今のあたしはない。
そこで出会った友達の中には、このブログを始めるきっかけになった、てつがいる。
最近は長い間ずっと休みっぱなしだけど、いつかまたこっそり開きます。たぶん(笑)

3.エキサイトブログを始める
始めたのは5月。そっか・・・もう半年かぁ。続かないかもと思いながら始めたブログだけど、
読みに来てくれる人たちがいて、励ましのコメントをくれる人たちがいて、
半人前ながら、ブロガーの仲間入りをしました(笑)
最近は毎日更新がなかなかできない状況ですが、見守っててちょうだいな♪(*´▽`*)

4.中国で新年を迎える
中国は日本と1時間時差があるから、それぞれの時間での新年を迎えた瞬間がある。
大晦日に日本料理屋へ行って日本酒を飲みながら紅白を見た。そこで日本の新年を迎えた。
それから寮に戻る途中、寮のある学校の校庭で中国の新年を迎えた。
中国は旧正月をお祝いするので、1月1日はあまり盛り上がらないのだけれど。
旧正月である春節(しゅんせつ)は、部屋でテレビを見ていた。
日本と同じように大晦日の特別番組がって、歌あり、コントあり、ダンスあり。
で、カウントダウンされて、
「あーりんりんすーにぇん しんにぇんくぁいらぁ!!(2004年新年快楽)」
という言葉と共に新年を迎え、そこらじゅうで爆竹や花火がものすごい音で鳴り響き、
その音に反応した警報機がこれまたものすごい音で鳴り響き、テレビの音が聞こえなくなり、
中国のすごさを感じたのでした。春節はめちゃくちゃ寒くて、どこへ行っても人が多くて。
1人で黄河を見に行ってみたけれど、氷の板がどんぶらどんぶらいっぱい流れてて
あまりの寒さに耐えられず30分ぐらいで退散したんだ、そういえば(笑)

5.中国旅行
去年の9月に中国に来て以来、いろんなところを旅行した。
去年は西安(せいあん)へ行って、始皇帝陵や兵馬俑、長安の城壁や町並みを見て回った。
今年の春節は友達に会いがてら河南省を旅行しようと思っていたんだけど、
それに切符ももう買ってあったんだけど、前日に熱が出て、風邪をひいて、あえなく中止。
出鼻をくじかれて出不精になってしまったあたしは、春節休みの間、
孔子のふるさとである曲阜(きょくふ)へ行ったのと、黄河を30分見に行ったのと、それだけ(笑)
4月には、テスト休みを利用して泰山(たいざん)に登った。
5時間かけて山頂まで登ったときの達成感はすごかったなぁ。
5月の労働節休みは、春節に行きそびれた河南省めぐり。
洛陽(らくよう)・少林寺・鄭州(ていしゅう)・開封(かいほう)と4都市を巡り、帰ってきたその日に
同じ学校に勤める中国人の先生の結婚式に参加。なんともまぁハードスケジュール。
7月。夏休みに入って、重慶(じゅうけい)を旅行する。これはこのブログでも書いたね。
人生初!列車に揺られて30時間。帰りに風邪をひくアクシデントつき。
過去のポスト参照(
重慶から戻ってすぐ日本に一時帰国。8月に家族と共に中国にわたる。
北京の観光スポットをめぐる。過去のポスト参照(
10月の国慶節休みは大連へ行く。これは一番最近した旅行だね。
過去のポスト参照(おまけ
(*´ー`*)うふふ 来年はどこを旅しようかな。


「あたしの2004年。」その2につづく。
[PR]
by camxhime | 2004-12-09 23:28 | アタシノコト。 |▲上
あたしの2004年。その2
10個もあるとあんまり長いので半分に切りました。ということで続き。
今年の十大ニュース。

6.日本に一時帰国する
1年ぶりの日本は、帰国直後はなんだか居心地が悪くて。
中国の広大さ・雄大さに慣れてしまっていたあたしは、日本が狭く感じたの。
ちゃんと信号を守らないといけないこととか、電車の中でお菓子ほおばれないこととか、
ささいなことが窮屈に思えてしまってたな、そういえば。
でもそんなのすぐになくなった。すごく居心地がよくて、あたしは日本が好きだなって思った。

一時帰国が終了して、中国に戻ったあたし。
何かしらアクシデントの多い中国(停電や断水など日常茶飯事)だから、
何かあるだろうとは思っていたけれど。部屋に帰ったあたしを待ち受けていたのは、
洗面所の下から大量にあふれ出る水。おかげで部屋は湿気でむぅ~んとしてるし、
洗面所は使えないし、帰ったのは夜だったのに掃除に追われる始末。
これだから中国はおもしろい、そう思ったのも事実(笑)

7.ジョセフィーヌ購入(してもらった 笑)
ジョセフィーヌとはなんぞや??
夏以降、あたしのブログにお付き合いいただいている方は知ってると思いますが。
そうです。今、あたしが使っている、まさにこれ!パソコンの名前です(笑)
それまで使っていたMEを捨て、XPを手に入れた瞬間でした♪
まぁ、前使っていたPCは今もあたしの実家に置いてありますが。
ジョセフィーヌちゃんのおかげで、かなり快適なネット生活が送れてます☆

8.生徒との付き合い、2年目
中国は学校が9月からなので、今教えてる生徒との出会いは去年になるわけだけど。
持ち上がりで同じ学年を教えることになり、受け持つクラスも増え、生徒数も増えた。
休み時間にあたしと会話するために職員室に来てくれる子、
作文の練習代わりに日記を書き、あたしに見せに来てくれる子、
試験前、1分でも1問でもたくさんの質問をしようと聞きにきてくれた子、
日本の大学に留学したくて、受験について知りたいと話を聞きにきた子、
風邪をひいたあたしによく効く薬を教えてくれた子、
誕生日に手紙や自分で描いた絵、ぬいぐるみをくれた子、
いっしょに買い物した子、いっしょにごはんを食べに行った子、
ちょっとだけ元気のなかったあたしに、疲れてるの?と声をかけてくれた子、
ちょっとした冗談でクラスを盛り上げてくれた子、
好きな漫画やアニメ、歌、映画、ドラマ、小説など、いっしょにおしゃべりした子、
日本の社会はどこが魅力的なのか、真剣に語ってくれた子、
今の勉強についていけず、去年勉強した内容をもう一度勉強したいと言ってきた子、
なんのために日本語を勉強すればいいのか、目標が見えず悩んで相談にきた子。
160人。たくさんの、本当にいろんな生徒に会った年だった。

9.親の転職、妹の受験・進学
あたしが中国にいる間に、いつの間にか父が転職していた(笑)
やめるかもっていう話は聞いてたけど、そのあとのことは何も知らされず、
一時帰国したときに、そういえばねぇ・・・って。びっくりしたわさ。
ついでに、春には妹2人がそれぞれ大学、高校を受験し、
晴れてピカピカの大学生、高校生になった。
こないだまで小学生だったのにな。っていうのは親ではなくてあたしの台詞(笑)
そっか。あたしも23か。もういつまでも10代と思っていてはいけないんだ。。。(汗)

10.あたしが元気でいられたこと
中国に来る前、中国での生活は楽しみでもあったし、不安でもあった。
言葉がわからなかったら?病気になったら?犯罪に巻き込まれたら?
あげればキリがなかった。
あたしがこうして元気に平和に生活ができていること。
当たり前のように思えるけれど、すごいことなんだと思う。
あたしを取り巻く環境に感謝。守ってくれてる人たちに感謝。
遠いところから心配してくれてる家族や友達、恋人に感謝。
そして、ここにいるみんなに感謝。

これが2004年あたしの十大ニュース。
とはいえ、あと半月残ってるのでまだ何か大きな出来事があるかもしれませんが。
来年もいい年になりますように☆
[PR]
by camxhime | 2004-12-09 23:28 | アタシノコト。 |▲上
あたしと仕事の適性。
適性・適職診断

ほんっと、今更だけどやってみた。
就職活動中、なぜかやらなかったんだよね(笑)

あたしの結果はというと・・・

*****************************************************

あなたがご回答なさった際に強く顕れた一面は・・・

『他人を助ける』 『夢見る』   気質です。

<良い精神状態の時>
情愛深い・適応できる・心が広い・面倒をみる
心温かい・思いやりがある・表現力が豊か・独創的

<悪い精神状態の時>
遠回し・独占したがる・ヒステリック・感情的
意気消沈する・自意識過剰・片意地・気まぐれ

<性格>
困っている人をほっとけない世話やきタイプ。
常に周囲に気配り、豊かな愛情を注ぐ温かい人柄は、多くの人から愛される。
豊かな感性を持つ芸術家タイプ。音楽や芸術を愛し、エスプリに富んでいる。
深い情愛で他人と接し、心温まる関係をつくることができる。

<注意>
自分が注いだ愛情に対して、無意識のうちに相手に代償を求める傾向があり、
相手がそれをくみ入れてくれないと、逆に怒りとなって激しく攻撃する場合がある。
自分が周囲に理解されないと、自分を悲劇の主人公に仕立てて無気力で退廃的になり、
殻に閉じこもってしまう場合もある。

<仕事>
人と係る仕事、教師、販売、受付係、秘書や医療関係のカウンセラー、
看護婦(士)などが向いています。自分の独創的な探求を支えるために、
芸術や言語を手段とする音楽家、小説家、ジャーナリストなどの仕事に向いています。

*****************************************************

どうも適職のようですわぁ(*´▽`*) うーん、合ってる。
[PR]
by camxhime | 2004-11-19 11:10 | アタシノコト。 |▲上
回転寿司占い。
みんなもやってみよぉ~♪回転寿司占い。

これ、かなりウケる。しかも、なんとなく当たってる!!
好きなネタを5つ選ぶだけなのに。なんで??笑
**************************************************
ふむふむ。
あたしはエビ人間だそうな。

「いつも華やかな雰囲気で、スマートなあなたの周りには人がいつも集まってきます。
それが時としてお気楽な無責任さにつながり、人から反感を買うことも。」

華やかな雰囲気なんてこれっぽっちもないと思うんだけど・・・笑
まぁ、お気楽なのは合ってるかも。


「1.あなたは、ロマンチストな人。ある日突然、恋に落ちたり、ムード満点なシチュエーションで愛を語ったりといった状況に憧れます。それが満たされないと、時として欲求不満になることも。」

あ。。。まさにその通りで。はい、愛だって語っちゃいますわよ♡

「2.あなたは、衝動買いが多いよう。これ、と思ったら即、購入してしまいます。そしてその時買ったものはハズすことがありません。」

日本では衝動買いしたくても財布と相談なのよ。中国ではときどきしちゃってるかも(;´▽`)

「3.あなたは、出世願望や野心はかなり強いのに、自分に自信がない人。やる前からあきらめたり、プライドが高すぎるため、思いきった行動に出られません。」

ギクッ・・・あたってるかも。

「4.あなたは、安定した家庭を求める人。温かみがありほのぼのとした雰囲気のある、愛情豊かな家庭を築きたいと思っています。」

これはあたしに限らず、みんなそうじゃない?愛のある家庭がイチバンです♡

「5.あなたは、安定感のあるバランスのとれた人間への憧れが強い人。無理をしない、順応力のある魅力的な人格への憧れが強いのです。」

うーん、これはどうかなぁ・・・。無理をしない人への憧れじゃなくて、逆に、
今のあたしが無理をしなさすぎてるからもう少し無理しなきゃいけない気がしてるんだけど。

************************************************
よかったら試してみてちょ♪
[PR]
by camxhime | 2004-10-27 01:50 | アタシノコト。 |▲上
あたしのIDの秘密。





ももパパこと、ソウルライターさんがおもしろい記事を書いていたので、真似っこ☆


camxhime


このIDの由来を語るには、今から1年半前に遡らないといけない。

その前に、このIDどう読むの??っていう話だけど、
これは cam(キャム)  と hime(姫) を かけ合わせたIDなの。
himeってのは、自称姫(!)だからまぁ、わかるとして(笑)
camって何??と思う方がほとんどでしょう。


2003年3月の初め。
大学卒業を間近に控えたあたしは、あるサイトのフリーIDを作ることになったの。
1人暮らしが終わったら、プロバイダーとの契約も切らないといけなかったから。
卒業と同時にそれまでのメールアドレスも捨てなくちゃいけなかったし。

そのころのあたしは、もう卒業が近いというのに就職もまだ決まってなくて、
なのに仲良しの友達2人と卒業旅行に行く、という滅茶苦茶な学生だった(;´▽`)
(日本語教師の募集が直前にならないと出ないということもあるけど)

友達とは大学に入ってからの付き合い。
それぞれ出身地が違ったし、卒業したら離れ離れになることはわかってた。
大学時代の楽しいことも悲しいことも、全部共有してきた友達だったから、
卒業旅行は4年間の証のようなものだったかもしれない。

2003年2月下旬。卒業旅行はベトナムへ行った☆すごく楽しかった。
日本に残してきた「就職」という現実を忘れるかのように、3人ははしゃいだ。
この旅行がずっと続けばいいのに・・・ってそう思った。

日本に帰ってきたあたしは、就職活動を再開する。
履歴書を書いては送り、書いては送り・・・そして、例のIDを作ることになる。

cam_on●●●●

Cam on(カモン)はベトナムの言葉で、「ありがとう」という意味。
ベトナム旅行で覚えた中で、いちばんよく使った言葉じゃないかな。
そのあとの●●●●は数字で、卒業旅行出発日の日付を入れた。

このIDを作った3日後、あたしの中国行きが決まった。

半年後の2003年8月下旬。あたしは中国へ。
ひょんなことをきっかけに、インターネット上に友達ができた。
別にニックネームをつけてもよかったんだけど、
IDから名前を取ったほうが覚えやすいってことで、
最初のcamをとって、キャムという名前にした。
cam という言葉は、あたしの一部になっていった。

camとして出会った友達の中に、TETUがいる。
TETUは、あたしに「BLOGやってみない?」って言ってくれた。
それまでのあたしはBLOGのBの字も知らなかったんだけど(;´▽`)
こうして始まったBLOG。

・・・そして、今がある(*´▽`*)

              今回の素材は、でお借りしました。
[PR]
by camxhime | 2004-10-02 11:17 | アタシノコト。 |▲上